Divider

ホーム > デザイナー > マイケル・アナスタシアデス

マイケル・アナスタシアデス

デザイナー、マイケル・アナスタシアデスの作品から分かる通り、シンプルである事は必ずしも容易ではありません。卓上オブジェや家具、ジュエリー、照明などに共通する美学は、ロンドンにあるマイケルのスタジオで、オブジェクトを本質まで削ぎ落とす過程を経て生まれました。このデザインへのアプローチ方法は、単に削減していく過程を踏み、ミニマリズムを目指すのではなく、むしろユーザーや使う場所と時間に関連付けるのと同様に、フォルムや素材、オブジェクト全体の存在感を追求することなのです。
「私は常に作品と人とのかかわり方を理解したいのです」とマイケルは言います。「魅力的に感じるのか?脅威的に感じるのか?常にこうした様々な疑問を抱きます。その後、その製品の様々な要素がお互いにどう関わるのかも考えます。」
アナスタシアデスの作品はまさに実用的かつ率直な機能を持ちながらも、その存在感は詩的で謎めいた雰囲気も兼ね備えています。「結局のところ、人の感性なのです。魅力、好感度、外観、満足度、受容度などが私にとっては製法より大切なのです。私が追い求めているのは誠実さです。結局は、それが魅了となっているのです」とマイケルは言います。
キプロス島出身のアナスタシアデスは、ロンドンのインペリアル・カレッジ・ロンドンで土木工学を学んだのち、英国王立芸術大学院で工業デザインを学びました。1994年に自分のスタジオを設立すると、2007年には自らの名を冠したブランドを発表しました。その後数年間でサプライヤーや工匠らと緊密な関係を築き、作品を生み出しています。この手法は功を奏し、FLOSやPuiforcat、Lobmeyr、スウェーデンのデザイン研究機関Svenskt Tennなどのブランドが彼と業務提携する機会を求めてきました。

続きを読む