Divider

ホーム > デザイナー > トッド・ブラッチャー

トッド・ブラッチャー

トッド・ブラッチャーはプラット・インスティテュートで工業デザインを学んだ後、ニューヨークで正社員として働いていました。その時に舞い込んできたのが、フルブライト奨学生としてコペンハーゲンのデザインスクールで3週間学ぶことができるという話でした。よりグローバルな視野を持つために海外で働くことは、彼のキャリアプランでした。それでも、実際に奨学金をもらったときは少しびっくりしたと、ブラッチャーは言います。良く使うフレーズを学ぼうとデンマーク語のテープを飛行機に乗る前に聴いていたことを覚えています。「でもその経験は、何かに身を投げ出してしまえば、そこから学ぶことができるということを教えてくれました。いったんそれが分かれば、自分に限界などないことに気づくのです。」

それは1999年のことでした。その後10年間、彼はヨーロッパの4カ国を渡り歩き、それぞれの国で、デザインについて新たな知識を学びました。デンマークでは素材に正直であるべきことについて、イタリアではデザインの中にあるストーリーを大切にすること、フランスでは素材の組み合わせによって生み出される優美さについて、イギリスでは、デザイナーのアイデンティティについて学びました。ブランディングについて学んだ後、2006年に再びニューヨークに戻り、「こうして世界で得た体験を活用することがついに出来たのです」とブラッチャーは言います。

数年ごとに新しいカルチャーに身を任せた10年間は、まさに彼の発見への情熱を示しています。「良く知らないから、徹底して調査をし、そしてその徹底した調査が発見へと導くのです」とブラッチャーは言います。「良いデザインとは、一連のパラメーターと必要条件からなるのです」とブラッチャーは言います。「そしてそれが答えを導き出すのです。」

続きを読む