Divider

ホーム > デザイナー > アレキサンダー・ジラード

アレキサンダー・ジラード

1952年、アレキサンダー・ジラードはハーマンミラーのテキスタイル部門に迎えられ、デザインの責任者となりました。当時オフィスで用いられていたのは、ほとんどが実用本位で色彩に乏しい無地のファブリックでした。ジラードはこう述べています。「明るい純色を見たなら、だれもが気を失うほど驚いたことでしょう」

ハーマンミラーで、ジラードは創作の自由を手にします。原色、簡潔な幾何学模様、そしてユーモアのエッセンスを駆使して、デザインに喜びとおおらかさを与えました。1973年までの在任中に生み出した色彩あふれるテキスタイル、壁紙、プリント生地、家具、オブジェのデザインは300を超えます。例えば、初のモジュール式業務家具システムとなったアクション・オフィス・システムには、ファブリックパネルの装飾を用いて華やぎをもたらしました。

ニューヨーク生まれ、フィレンツェ育ちのジラードは、ヨーロッパで建築家としての教育を受け、1920年代後半に建築とインテリアデザインの仕事を始めました。1949年には、デトロイト美術館で戦後モダニズムをたたえる『モダン・リビングのために(For Modern Living)』展の企画責任者を務めました。チャールズ・イームズとの親交は1940年代から始まります。ふたりが偶然にもほとんど同じようなデザインのラジオキャビネットを作り、またプライウッドチェアの実現に向けて同じように試行錯誤していたことがきっかけでした。

既成概念を打ち破る大胆さをはらんだジラードのテキスタイルデザインは、未来的なヴィジョンではなく、世界各国のフォークアートへの愛情から着想を得ています。ジラード自身が「おもちゃ」と名づけたフォークアートに対する情熱は、彼を旅へと駆り立て、およそ10万6000点ものコレクションを集める原動力となりました。これらのカラフルで風変わりなオブジェがジラードにひらめきを与え、そして生まれたデザインは今なお私たちにインスピレーションを与え続けているのです。

続きを読む

14 件中 1-14 件表示 




14 件中 1-14 件表示